ホーム>産地直送>こだわりのお酒

こだわりのお酒

日本酒の種類

普通酒

特定名称酒以外の清酒で、白米、米麹以外にも、醸造アルコール、糖類、酸味料、化学調味料、酒粕などの副原料を加えて作られます。三倍増醸清酒、またはそれをブレンドした酒も普通酒に含まれます。

三倍増醸清酒

(三増酒)  本来の清酒の原材料である白米・米麹で作ったもろみを清酒と同濃度に水で希釈した醸造アルコールで3倍に薄め、これに水飴等の糖類と、グルタミン酸やコ ハク酸などの調味料を添加して味を調えて醸造します。本来の米だけから作る清酒を合成清酒で3倍に水増しした清酒です。

特定名称酒

三等米以上の白米を用い、白米の重量に対する米麹の使用割合が15%以上の清酒です。
原料や精米歩合により本醸造酒・純米酒・吟醸酒に分類されます。

本醸造酒

精米歩合70パーセント以下の白米、米麹および水と醸造アルコールで造った清酒で、香味及び色沢が良好なもの。
使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下のアルコール添加(アル添)をしてよいことになっています。

純米酒

白米、米麹、水だけを原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。ただし、米麹の総重量が白米の総重量に対して15パーセント以上必要である。
一般に吟醸酒や本醸造に比ベて濃厚な味わい。

吟醸酒

精米歩合60パーセント以下の白米、米麹、水を原料とし、吟味して製造した清酒で、固有の香味及び色沢が良好なもの。
低温で長時間かけて発酵させて造ります。
吟醸香と呼ばれる、リンゴやバナナを思わせる華やかな香りが特徴で、最後に吟醸香を引き出すために、白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加します。

純米吟醸酒

吟醸酒のうち、精米歩合60パーセント以下の白米、米麹、水のみを原料とするもの。一般に、他の吟醸酒に比べて穏やかな香りである。

大吟醸酒

精米歩合50%以下の白米、米麹、水を原料とし、吟味して製造した清酒で、吟醸酒よりさらに徹底して低温長期発酵します。
固有の香味及び色沢が特に良好なもで、最後に吟醸香を引き出すために少量の醸造アルコールを添加します。フルーティで華やかな香りと、淡くサラリとした味わいが特徴。

純米大吟醸酒

大吟醸酒のうち、精米歩合50パーセント以下の白米、米麹、水のみを原料とするもの。一般に、他の大吟醸酒に比べて、穏やかな香りで味わい深い。